【画像付き】1秒でできる!洗濯するとき衣類の染み抜きを忘れない方法




洗濯

ふきんやタオル、衣服などに意外と染みって付いていて、洗濯時に漂白剤つけるの忘れた!

洗濯した意味がない…と私は結構落ち込みます。

どこの家にもあって、誰でも1秒でできる簡単でお金もかからない漂白剤をつけ忘れない方法。

ぜひ、私と同じことで悩んでいた方がいたら、参考にしてもらえたら嬉しいです。

染みが付いた部分に、洗濯ばさみをつけておくだけ!

あっ、タオルに染みついてる。洋服のこの染みいつ付いたの…?

私は、血や醤油の染みが多いのですが、タオルやバスタオルは白が多いのでわかりやすいんです。

でも洋服は、いつの間にかが多い。

洋服を脱いだ時や、タオルバスタオルを使い終わったときに気づくことが多いので、明日洗濯するときに漂白剤つけようと洗濯かごに入れます。

何なら数時間後に洗濯するときもあるのに、洗濯後、乾いた洗濯物を畳むときに、アッこの染み漂白剤つけるの忘れたとなることが多いのは私だけ?

それがずっと頭の隅にあって、あるとき急に閃いちゃったんです!

染み抜きしたい部分に、洗濯ばさみをつけておく。こんな風に↓

どの家庭にもある洗濯ばさみ。10個単位で売っているけど、一度にそんなに使ったことがありません。

ね、一つ付けるのに1秒でしょ!

余っているモノの有効活用も出来て、お金もかかりません。

どんなものにも付けられる!ずぼらさんにもオススメ!

シーツなどの大物や、セーターなどの厚手の衣類、何にでも付けられるので便利です。

私のようなずぼらさんでも、これなら面倒にならない。だって、1秒でできるから。

洗濯かごに入れる前に、さっと洗濯ばさみをつけましょう。

洗濯するときに、一瞬これなんだと思うときがありました。

染みのことを忘れていた証拠です…。

これで、染みに漂白剤つけ忘れた~と、洗濯後がっかりすることが無くなります。

次の洗濯のときでいいかならまだいいのですが、急ぎのものだと、もう一度洗濯なんてことになりますよね。

洗濯ばさみ作戦で、二度手間も防げますよ。

今なら、初回限定お試しプランがあります↓

タイトルとURLをコピーしました