颯がプロポーズ!ドラマ『持続可能な恋ですか』9話感想・考察ネタバレ!

スポンサーリンク

8話の感想考察の記事が、たくさんの人に閲覧されていて驚くと同時に感謝しています。

皆さんも同じように、あの終わり方…杏花も明里も可哀そうじゃん。

なんで林太郎まで、晴太って優柔不断?とモヤモヤしていたのかなと感じました。

スポンサーリンク

明里が倒れ入院!杏花、恋愛も結婚もしない宣言!

晴太が杏花に、もう終わりにしましょうと言ったシーンから9話は始まりました。

杏花が晴太と虹朗のために頑張りたいと思ったと言った瞬間、間髪入れず頑張らなくていいですと言ったのがキツイなと思いました。

それじゃ杏花さんが杏花さんでなくなっちゃうと言っていた晴太だけど、好きな人の為に頑張って苦手なことを直していこうと思うのは、恋愛のいい要素の一つだと思うのです。

素のままの自分を受け止めてくれる異性もいいのだけど、だからってその人を好きになるとは限らないわけで。

理屈じゃないから恋も愛も。なんて語っちゃった。

前に衣替えしてくれる奥さんが欲しいって言ってたじゃないですかって言われたら、何も言えなくなるなぁ。

だから頑張るって言ってるのにって思っちゃう。

杏花さんには続きませんって言ってたけど、最後に林太郎が杏花を信じてあげてくださいって言ったのが、娘は晴太たちのために頑張れる子だと言っているように思えました。

でもはっきりしないより、振るのならきっぱりと下手に優しくされるよりいいかもと思いました。

そう思った瞬間、僕が悪いんですって晴太…。

その次のシーンは、林太郎が明里にどうしてですかと聞かれていて、あなたは普通に幸せになれる人ですと言われていた…。

自分で振っておきながら落ち込む林太郎が?

杏花が帰宅すると、東村さんはいい人だとタイミングが…振られて帰って来たなんてわからないから仕方がないのだけど。

私もそう思うと、言いだせなかった杏花が切ない。

明里が晴太に、林太郎に振られた話をして私よっぽど魅力がないんでしょうねと言ったのが意外でした。

どうしても井川さんが美しすぎて魅力が無いとは思えず。明里は性格も優しいし。

もう結婚は諦めますまで言いだしたよ。晴太が相手に不満があってだけではなく、相手のことを思い、やむを得ずのときがあると言ったのが自身のことなのかなとも思ったけど。

優しさや理性を超えるものが欲しかったって明里の言葉聞いて感動。名言だと思った。

仕事が終わると杏花のスマホに颯からLINEが。タイミングいいよ颯!

立ち飲み屋で飲んでいた二人。颯が直球で、晴太とのことを聞いたのには少し驚いたけど颯らしいかもとも思います。

振られたと杏花は言い、でももう全然大丈夫と言ったけどこんな短時間で結婚まで考えたのに吹っ切れるとは思えない。

恋愛はもういい仕事に生きる宣言までしちゃったよ。恋愛で何かあるたびに仕事に悪影響…はわかるけどね。私も仕事がはかどらなくなるもの。

杏花との帰り道に颯が、いつも笑ってなくても大丈夫。ちょっとくらい機嫌が悪くても、ずぼらでも杏花ちゃんのこと嫌いになったりしない。

杏花ちゃんがいい子で、割と今はいい女なの知ってると言って抱きしめた颯。この言葉、以前杏花が颯に言っていたことだよね。

杏花が、颯が幼馴染でよかったって言ったので、まだ幼馴染から抜け出せない颯?杏花どうしてと思っちゃった。

晴太から杏花とはけじめ付けたと聞いた安奈は、杏花の元に押し掛け、パネルヨガ止めたの虹朗が熱出したからですよねと謝ると、自分で決めたことなので晴太には言わないで下さいと言った。

鈴が明里にお昼どうしますか先生と聞くと、明里がこの歳で失恋するときつくてと言ったのが仲いいんだなと思ったのと、プライドの高くない女性だなとまた好きになりました。

その直後明里が倒れ、鈴が病院まで付き添いとりあえず入院になった明里。

女子会でその話を聞き、ひとまずほっとする杏花。8話でアルコールを飲まなかった理歩が妊娠してるのではと考察しましたが、今回も飲んでなかったのをチェックしたし、よく食べていました。

次回の最終回に、実は私さぁと言いだすと考察します。

林太郎が明里にプロポーズ!颯が杏花にプロポーズ!

翌朝杏花が起きると、林太郎が朝食の準備をしていて驚く。と言っても、トーストをチンしてトマトのようなものを置いていただけだけど。

晴太とデートで前日遅くなったと思い込み、晴太とのことを考えこれくらいは自分で出来ないとと言いだした林太郎。

終わったと杏花が言うと、怒り気味で話をそらすなと言いかけたけど杏花の言ったことが明里が入院してクリニックで倒れたのと言うと、何の病気でとこっちのことで今度は興奮して立ち上がっちゃったよ。

林太郎は病院を聞き出し、明里の元へ行った。

ただの過労ですと明里が言うと、それで入院しますかと言われ、実は胸に小さなしこりができていて検査結果を待っていると眩暈で倒れたと。

林太郎の告白の仕方(笑)。誠に勝手ではありますが前言撤回させてください。まだお気持が変わらなければ私と交際してくださいと言ったけど、速攻お断りしますと明里。

私がこんなだから同情して…と明里が言うと、そんな余裕はありませんと言った林太郎の人柄がやはりいいと。

明里の生きる世界に自分も生きていけたら幸せだと。さすが言葉に関わる仕事してるよねぇと感心してしまう。

そうなったら私も幸せです。よろしくお願いしますと言うと林太郎もよろしくお願いします。

その直後、何故か明里のカーテンが開いていて部屋中の患者と看護師から拍手が。笑いそうになった。

腫瘍は陽性で、原因は更年期だった明里。この胸の動悸は勘違いって言ったときは慌てました。何で私が慌てるのよと思いながら…。

林太郎が杏花に明里と真剣交際の報告をすると、とても喜んで口数の多い杏花がかえって心配になりました。

好きって告白したんだと言われしてないと気づき、明里にメールを送ったけど、言った言わないになると…って書いてるの見て大丈夫かなと思ったけど、明里は幸せそうでした。

デートのときに、心配する林太郎に四十過ぎたら年齢なんて個人差。いろんなお薬や医学的アプローチもあるので任せてくださいと。

杏花はネットでヨガをするテストを颯相手にしていて、ストロベリームーンの日に屋上でヨガするけど来ると誘い、行けなくても行くと颯。

翌日颯を呼んで、杏花の家でお祝いをすると颯が来たときに喜んで抱き合った林太郎が、颯大好きなのがわかった。お互いにとても楽しそうに台所で話していたし。

食事中は、杏花のスマホの話でまた揉めたり…。それを見て落ち着くって颯。

杏花、颯と結婚すればいいじゃん~。

杏花は明里に気を使い、家を出ると言った。オンラインヨガの為とも言っていたけど。

私結婚しないって決めたと言う杏花に、決めつけなくてもいいのではと林太郎。

私も決めつけなくてもいいと思う。

生きているということは変化するということだと言ったけど、変化しない気持ちもたくさんあると信じたいです。

颯が杏花たちの家を出ると、杏花がスマホを届けに外に出てきた。颯が珍しいと言われ、わざとだと。家出るなら一緒に暮らさない?と杏花に言う。

杏花ちゃんがずっと一人で生きていくとすごく困ると言い、杏花にキスした颯。

それは、いつまでも杏花のことを思い続けてしまうからだと感じました。

林太郎が明里との交際の報告をしに晴太の元へ。そこで、晴太に以前、娘には普通の幸せを…と言ったことを謝罪していた。

晴太が、虹朗を迎えに行くと颯の顔が怖い。晴太は気まずそうだし。一人暮らしする話を知っていたのは意外だった。LINEはしてるってことでしょ?

林太郎は言ってないと思うのよね。中途半端にかかわらないのが優しさじゃないですかと颯の言うことはその通り。

林太郎は陽子と再会したのは、恩師のお見舞いの帰りに、陽子が具合が悪くて病院の敷地内にいたときで、陽子のお腹には杏花がいたけど、彼氏とは別れて一人で産む気だった陽子がプロポーズしてきた。

教授の言葉もあり、人と関わらない生活をしてきた林太郎は陽子のプロポーズを受け入れた。

杏花が混乱するのもわかるけど、前回の考察が当たりました。もう一つのもしかしたら、二人の子じゃないかもは考えすぎでしたね。

結婚するときと決めていたけど、杏花が結婚しないと言うので話した林太郎。

夜に晴太は、林太郎に言われたことを考え込んでいた。

自分と杏花は血の繋がりがないけど、普通に幸せでした。どうか娘を信じてやってくださいと頭を下げた林太郎。杏花がまだ晴太に気持ちがあるのがわかっていたのかな。

晴太は杏花のインスタを見て、屋上に向かう。颯も急いで向かっている。

イベントが終わっても屋上で颯を待っていた杏花。先に颯が着いて、晴太が着くとちょうど颯がプロポーズしてるのを聞き、その内容が、自分が杏花ちゃんの奥さんになるとか、杏花ちゃんは奇跡なんだ…。

敵わない?颯との方が幸せになれると思ったのか、黙って去って行った晴太。

この記事のアイキャッチ画像は、公式ホームページからお借りしています。

スポンサーリンク
ボチっと押して応援してもらえると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする