元妻が…!ドラマ『持続可能な恋ですか』7話の感想・考察・ネタバレ




お笑い芸人

颯は電話は出てくれないけど、LINEの既読はつくのでまだ安心できるよね。

杏花より林太郎の方が心配していて、すぐに家の中が元通りな状態で、またスマホどこが始まった朝。

シソンヌのじろうさんが再登場します!

杏花と晴太のデート!林太郎と明里のデートの練習?

MIKAKO先生、颯のインスタどうやって見つけたんだろう

ずっとチェックしてるみたい。

杏花が話しかけたら、ちょうど颯のインスタが更新されていて海外に行くようです

MIKAKOはチャンスかもと。男は失恋すると旅をするって、そうなんだぁ。

でも失恋は当たってる。

そこに颯から杏花のスマホに動画が。

帰ったら詳しく話すとLINEしていたけど、帰って来るのがわかってホッとしたような。

でも杏花は、晴太と付き合ってるし…。

もう少し連絡しないで、杏花を心配させればよかったのにと何故か思った私。

ここで、シソンヌのじろうさんが再登場

知ってはいたけど、今回はどんなことで出るんだろうと思っていたら、泣きながら晴太のおかげで結婚できることになったと

嬉しそうにしゃべり倒してる(笑)

印象深かったのは、結婚って味方が増えることなんですねと言ったこと。

私の結婚相手は、全然そうじゃなかった…。憧れって残酷ね。

杏花は元気ですかと聞かれ、元気ですよと答えるのかと思ったら、退会してしまわれたのでとよく口から杏花のこと出てこなかったなと少し晴太に感心しちゃった

杏花はヴァネッサに、うちの教室に不満があるのと言われちょっと怖い雰囲気だと思ったら、声が低いだけかも。

独立したいと思っていますと言った杏花

お話しする、いいタイミングができてよかったのでは。

そういうことなら応援しますと言い、コンサルのお友達とご飯行くけど一緒にどうと誘われ行くと、アドバイスしてもらっていたけど晴太の元妻で

こんな偶然、リアルだったらなかなかないだろうけど。

ヴァネッサがバツ2だったんですかと言われたときに、丸3て言ってと言いだしたけど、すぐには意味が分からなかった。

ちょっとメンドクサイと思っちゃった。

杏花が晴太に、まずは物件を探そうと思ってと言ったときに、元々不動産の仕事の方が長いからそれなら協力できるかもと言われ、そこまで甘えていいのかなと言ったのには少し驚き

晴太も言ってたけど、二人は付き合ってるんだから私なら自分から頼むかも。

自立してる女性ってこういうことなのかな。

まだまだ私は一人で暮らしてるけど、男性に頼りたいって気持ちあるからダメなのかなって考えちゃった。

もちろんお金を頼りたいとかでなくて。

杏花がルールを決めましょうと言って、何があっても虹朗君ファーストで行きましょうって自分から言ったのが優しいなと思いました

晴太は杏花に、独立の為に今は仕事ファーストではいいんだけど、林太郎に付き合ってることを言わないようにしましょうっていうのが杏花としては言いたいと思うんだよね

でも晴太の気持ちもわかる。林太郎に以前、本当は杏花に結婚して欲しいんです。

普通の結婚でいいんですって、事情知らない林太郎に言われちゃったからね。

結婚したくなったら気にせず言ってください。そのときは別れましょうって…。

杏花も言われて複雑な顔になっていたと思う。

私もいい気分しなかった。

付き合うんだから、晴太と結婚したくなる可能性が一番大きいと思うんだけど結婚はしないよと念を押しているみたいに感じちゃった

林太郎が明里からのメールを読んでデートと呟いたときに、杏花が帰って来てデートと言ったときの林太郎の驚き方面白過ぎ!

動揺して、何度も聞いていた明里からの留守電のボタンも押しちゃって(笑) 鬼のような顔してたし。

林太郎も明里からデートの練習を頼まれ、書道展に一緒に行き、もしかしてきたこと…と言ったら、いいえ普通はあまりって入る前から言われてた。

何でも言いやすい林太郎とお似合いだけど。

このカップルの方が気になってくるくらい素敵だよ。

晴太と杏花のデート中に、シソンヌのじろうさんの話が出た。

今回は、まともになっていたから少し寂しい

以前のことまだ思い出して笑っちゃう。

晴太と杏花は、食べ物をテイクアウトして公園でランチしていて誰もいないし、背の高い木がたくさんで気持ちよさそう。

私も同じだけど、子供がいると子供繋がりで好きな物やあそこ行ったとか、よく子供の名前出てくる。親あるある。

明里が胸キュンしちゃった?杏花と晴太と虹朗が家族みたい!元妻に見られた!

林太郎の方もランチしていて、つまらなかったですよねと言うと、はいと明里。

それが平気な林太郎も凄い。

ハッキリ言った後、いつもフォローの言葉があるからかな。

その後も明里は、でも書道展にいる林太郎がすこぶる面白かったと言っていたし。

明里が林太郎といると楽しいけど、お見合い相手といると楽しくないんですと言うと、それは私と結婚する気が無いからで、気楽だからですよと言うのはよくあることだなと思いました。

でもそこから、好きになることもあると思うし。

コツをつかむのコツは本来骨のことと林太郎が話しだし、言葉好きな私は面白く聞いていました。

一番長く付き合わないといけない相手だから、自分に嫌われず誠実でいたいと思う。

なんていいこと言うんだろう林太郎。心にとどめておきたい言葉です。

林太郎の笑顔を見て、急に胸がと言いだした明里

やっと気づいたって感じました。

目的もなく楽しむのって大事だったりするなぁ。無駄だと思うことも必要だと感じる。

杏花のように私もバスに乗るのは目的地に行くためって思ってたけど、あてもなく気持ちの赴くままに好きなところまで行ってみるっていいよね

杏花がいいこと言ったのに、寝落ちしてる晴太。

気が付くと杏花も眠っていて、夕方近くになったんじゃない。

晴太の元妻からの電話で、急な仕事が入ったらしく急いで片付けて帰ることに

そのとき、杏花がある提案をしていたと思ったら…。

元妻と落ち合うと、急いで会社に向かった元妻。

晴太の芝居下手過ぎ(笑)

杏花さんからのメールで、今近くにいるんだって偶然って。

夕飯食べて行きましょうって話になり、虹朗君の好きな物なら何でもいいよと言われ喜ぶ虹朗。

カレーと言うと、他のものでと晴太は気を使ってるけど、杏花はいいよ、どんなカレーと言うと、家で食べたいと言うので、せめて外で食べようよと晴太が言うと全然何でもよくないと虹朗可哀そうな感じ。

杏花ちゃんちのカレー食べたいと言いだすと、晴太も僕もそれは食べてみたいって…

晴太のクリーニングを取りに、虹朗と杏花がお店に行くと知り合いのママさんに会い、虹朗の母親だと間違われた杏花。

虹朗が、明日はママの家の日と言うと、偉いねと言われ、偉くないよ同じマンションに住んでるからすぐだしと普通に言うんだけど、ママさんと店員は珍しいとか気を使って進んでるとか言いだして

杏花が、虹朗君はお家が二つあっていいなぁ。

パパとママで二倍遊んでもらえていいねと話していたのを聞いていた晴太は、どんなことを思っていたんだろう。

ツーショットの写真を撮るのもぎこちない二人だけど、虹朗と三人でカレーを食べてるときがとても楽しそうで家族にしか見えなかった

晴太も杏花も、結婚を少し意識しちゃったんじゃないって思いました。

杏花がスマホを忘れ、追いかける晴太。

マンションの前で間に合ったと思っていたら、元妻がちょうど帰って来て杏花の顔も見られちゃったよ

恋人作るのも応援し、子供を傷つけなければ幸せになって欲しいと晴太のこと言っていたのに、これはルール違反かなって独り言…

子供に合わせるのはダメってことなのか、家に連れてくるのがダメなのか。

どちらにしても、虹朗のことを考えてのことだろうけど。

翌日の、じろうさんの結婚式に出席した晴太。

その同じホテルに颯が。帰って来るの早かったね。

マレーシアの支配人になって帰って来て、人材をスカウトするために戻ってきたよう。

ホテルでヨガ教室を開けるようにと計画して、杏花にアタックするのではと予想しています。

明里はお見合いしたい方が見つかりましたと、婚活会社の担当者に送っていたけどそれって林太郎のことだと思う。

林太郎が家族写真を見ながら、このままずっと言わないわけにいかないよなって気になる感じだったんだけど、杏花に明里のことを言うのか、明里に気持ちを伝えるのかだといいのだけど。

うちは普通の結婚じゃなかったのでと明里に言ったりで、もしかしてもしかだけど、杏花が林太郎の子供じゃないとかはないよね…

急にそんな考えが頭に浮かんでしまってドキドキ。

元妻は、杏花のヨガ教室まで来たよ~。何々~。虹朗のことがあるから…とかいろいろ言うのか予測がつかない。


 この記事のアイキャッチ画像は、公式ホームページからお借りしています。

タイトルとURLをコピーしました