札束を積む!ドラマ『やんごとなき一族』5話の感想・ネタバレ!

スポンサーリンク

貿易会社の御曹司と有紗がお見合いすることに。

怒りながらも有紗は、着物を着て準備していて、深山家でお見合いをしていたので家族たちが様子を見ていた。

有紗に彼氏がいることよりも、その相手が深山家からしたら庶民で、造園の仕事をしている男性だったことに驚き。

スポンサーリンク

家の為に有紗の縁談を受けた圭一!友貴に縁談を断るようお願いしたが一目ぼれしたと!

圭一もこのお見合いに、あまり乗り気でない様子だった。

そこに、お見合い相手の香川友貴(森田甘路さん)と両親が来ると、写真と実物が違い過ぎて、美保子は笑いをこらえるし、有紗ははっきり口に出すし、一番は健太の顔(笑)、拍子抜けしたのだろうか。

一目で有紗を気に入った友貴は、100点です。女性ってよく写真盛るでしょとよくしゃべる。

腹話術のように健太と佐都は、なんだこいつ。人に点数付けるなんてありえないと。

絶対阻止すると健太と佐都。

友貴の母親ばかり話していて、圭一の表情も乗り気でないのがわかる。

母親の口から、国交省という単語が出てくると圭一が急に話し出し、友貴のことを褒めだした。

そして、縁談をお受けしますと圭一が言った。

話しが早すぎる。有紗は絶対嫌だと言い、健太も圭一に頼むから考え直してくれと言ったけど、最近国交省とのパイプが薄くなっていたからちょうどいいと言いだしたよ。

家のためなら何してもいいのかと健太は怒り出し、久美も有紗はまだ学生ですと。

そして有紗は、あんな男と結婚するくらいなら家を出て行くと言うと、圭一は明人に有紗を捕まえて部屋に閉じ込めておくよう言った。

佐都が止めようとすると、美保子が凄い顔で止めた。

何で私がこんな目に遭わなきゃならないのと泣きそうな有紗を見て、こんなのおかしいだろと健太が言うと、元々お前たちが持って来た話だと言われ何も言えなくなった。

親父には何を言っても無駄と言った健太が、佐都と一緒に友貴を訪ねた。

お姉さん、お兄さんと言い、相変わらず能天気な友貴。

席に座ると、妹との縁談を香川さんから断ってくださいと健太は言い、佐都と一緒に頭を下げた。

え?と間抜けな顔の友貴に、有紗はまだ学生だし、自由にいろいろと経験させてやりたいと健太が言うと、心配いりません、結婚しても有紗さんは自由にさせてあげますからと笑顔で返された。

佐都が、自由と言っても独身の自由とは全然違います。何よりまだ会ったばかりで早すぎますとハッキリ言ったなぁと思いました。

友貴の表情が変わり、沈黙の後、笑顔で無理ですと明るく言った友貴。

ママが喜んでお友達にも自慢しちゃってるし、僕は有紗さんに一目ぼれしちゃったんですだって…。

有紗が家出し、圭一は結婚を破談にすると言ったが!有紗は俊也にプロポーズ!

佐都と健太が帰宅すると、有紗がいなくなったと大騒ぎ。

圭一はすぐに連れ戻せと大きい声で言うし、美保子はお手伝いたちに、屋敷内のすべての防犯カメラをチェックと指示。

圭一は久美に、見張っておけと言っただろうと怒りだし、久美に有紗からメールが届いた。

縁談をなかったことにしてくれるまで帰らない。このスマホはもう捨てる、追跡しても無駄と書かれていた。

怪しい車を見たと言う情報を手伝いが複数聞いてきて、不審な車を全部調べて特定しろと圭一が言うと、また美保子が仕切りだした。

お手伝いたちと動き出す、美保子と明人。美保子は明人に、有紗を見つければ圭一にアピールできるチャンスと言った。

そうだろうことはすぐにわかったけど。

健太がスマホに電話しても、留守番電話になってしまう。

頼む連絡してくれと、とても心配してるのがわかる健太の様子と言葉。

すぐに健太のスマホが鳴り、教えられた住所に健太と佐都が訪ねると、古いアパートだった。

チャイムを押すと、有紗がドアを開け有紗を見た健太が、お前大丈夫かととても心配していた声に、有紗はうん大丈夫とあっけらかんとした声で答えた。

佐都を見ると、何であんたまでくるわけと言っていると、部屋の中から有紗ちゃんと声がし、男性が見え、健太が誰か聞くと、彼氏に決まってるでしょと言った。

そのときの、健太と佐都の驚きようが激しかった。大学生だから彼氏がいてそんなに驚く?

相手が普通の人すぎて意外だったのかな?

その男性は、中島俊也(葉山獎之さん)ですと自己紹介し、有紗さんと一年前からお付き合いさせてもらっていると。

また同時に驚く、佐都と健太。

有紗が出会いを話し出し、植木職人の俊也が友達の家に遊びに言ったとき、仕事をしていて有紗から声をかけたと。

炎天下の中で、仕事してる姿に惹かれたと言う有紗がイメージと違った。

ゆくゆくは、自分で会社を立ち上げたいと言う俊也に、健太は好印象を持ったよう。

健太が、有紗わがままだし大変だろと俊也に聞くと、大人しそうな俊也がすぐにはいって言ったのには有紗が怒り出すんじゃないかと思った。

純粋で素直に何でも言ってくれる有紗が好きだと言うと、嬉しそうな有紗。

いつかは別れなきゃいけない、諦めなきゃいけないのはわかってるけど、本当は俊也とずっと一緒にいたいと有紗。

二人のことを応援したい。俺たちが協力すると二人をかくまうことにした、健太と佐都。

深山家に戻ると、久美が何度も有紗のスマホに電話し、心配で倒れそう。

佐都はそれを見て、事情を話そうとしたけど、美保子と明人が来て話しそびれてしまった。

目撃された車の一台が、俊也の会社の車だった。居場所がバレると固まってしまった佐都と健太。

でも圭一が、二台とも有紗と無関係ってことかと勘違いする。

明人が、ここまで探して見つからないってことはよからぬこと考えてるんじゃないかと言うと、久美がやめてと言った。

健太と佐都は、有紗の為にお見合いを断るように頼み、久美もあなたと言い圭一に近づく。

圭一が言った言葉は、一度承諾したものを翻すわけにいかない、何が何でも探し出せだった。

相変わらずと言えばそうなんだけど、深山家の力があれば見つけられそうとも思った。

そんなときに、お気楽な友貴が来たよ。ママが有紗さんをデートに誘うようにってだって。

有紗を探す友貴に、外出しているので日を改めてと久美が言うと、いつにします?明日?とグイグイ来る。

久美は、有紗と相談して連絡すると言うと、友貴は帰って行った。このままじゃ隠しきれない、縁談を断ってくれと健太と久美。

圭一は沈黙の後、この縁談は断るとハッキリ言った。ホッとする佐都と健太、そして久美だったけど…。

早速、佐都と健太は俊也のアパートに行き、縁談が破談になったと報告。このときに、何度もアパートに来て、尾行されてないかと心配していた私。

お弁当を買って来たと四人で食べながら、健太と佐都の仲睦まじい姿を見て、私たちもそうなれるかなと有紗は言った。

佐都は、なれます。好きだからしんどくても踏ん張れると言うと、有紗は、あの家には帰らない、俊也と結婚すると決めたと言った。

有紗からのプロポーズが始まったよ。俊也も一緒に幸せになろうだって。

それを目の前で見つめる佐都と健太は、なんだか恥ずかしそうだけど嬉しそうで祝福してるのがわかった。

アパートに美保子たちが…!土下座する佐都を止め結婚すると有紗!この家を変えてと久美!

佐都と有紗は二人で買い物に行き、帰り道に有紗は佐都に謝った。

自分たちは我慢してるのに、佐都たちが好きな人と結婚できて羨ましいのと悔しくなったと。

リツコも羨ましいと佐都に言っていたよなぁとすぐに思い出しました。

アパートに着くと、美保子の声が…。美保子と明人が座っていて、向かいには俊也が正座していて、ちょうど今話しが終わったところよと美保子。

俊也の目の前には、札束が積まれていて、大丈夫、何言われたの俊也と有紗が言うと、いつか自分の造園を持ちたいんだってと明人は小切手を切って明人に渡した。

嫌な予感が当たっちゃったよ~。お金で別れさせるとは思っていなかったけど。

何してるんですかと怒り出す佐都。

それはこっちのセリフよ。お母様だってあんなに心配されていたのに黙っていたと美保子。

有紗は違うよねと俊也に言ったけど、圭一がその気になれば、君の人生も会社も簡単に潰せると明人。

お父様は恐ろしい人よと美保子が言い、帰りましょう有紗様と美保子が言っても帰らないと有紗は言った。

ずっと黙っていた俊也は、ごめん、ホントにごめんと言い、明人と美保子は有紗を連れて行ってしまう。

本当に、これで俊也と有紗の関係は終わったのかな?と少しの希望を持ってしまっている私。

深山家に戻ると、圭一は佐都と健太のことを怪しいと思っていたので、見合いを断ると言い油断させ泳がせていたと。

それくらいやりかねないよね。

健太はもちろん、久美も表情から怒っているのがわかった。

圭一は有紗の結婚の準備を、明人と美保子に一任すると言うと、すごく喜んでいた美保子と明人。

よっぽど、重要なことなんだろうなぁ。

圭一は香川家に結婚の話をしに、明人と美保子を連れ行こうとすると、久美が止めようとしたが無駄だった。

健太は、俺たちが後付けられたばっかりに…ごめんと言い、佐都は止める方法を考えると。

結局パパには適わない。一緒にいようって誓い合ったのに、あっさりお金受け取って…と有紗が言ったことには、私もあの彼氏にがっかりした。

有紗はやっと目が覚めた、香川家に嫁に行くと言いだしたけど、自暴自棄になっていなければいいけどと思いました。

最後は、健太と佐都に私のことは心配しなくていいからと、明るく振るまっていた。

暗い暗い~とぶりっ子な声を出して佐都に話しかけてきた美保子。イラつく。

佐都は、ただ有紗さんに幸せになって欲しい。間違ってると思うと圭一に言い、土下座して縁談を考え直すように頼んだ。

それをずっと聞いていた有紗は、佐都さんもういいよと言い、圭一に絶対幸せになってやると宣言した。

健太はまた友貴に会いに行き、結婚したら大変だと思うと言い、止めるのかと思ったら、有紗を不幸にしたら許さない、どうかよろしくお願いしますと土下座した。

有紗は、私の為にここまでしてくれる人がいる。それだけでも幸せかもと言い、佐都にありがとうお姉さんと言った。

健太に会うと、これから香川さんとデートなんだよねと有紗は明るく言った。

健太が見送りながら、涙を浮かべていたのが切なかったです。

久美は子供たちの昔の写真を見ていて、私がこの子たちを守らないとと誓ったの。

私は間違ってた。誰一人守ってやれなかった、情けないと謝る久美に、佐都は一人で戦ってきたんだと思います。

情けなくなんかないと言った。それを健太は聞いていた。

久美が佐都に、お願いこの家を変えてちょうだいと。あなたたちにしかできないと言い、佐都は深山家を変えて見せますと久美に誓った。

この記事のアイキャッチ画像は、公式ホームページからお借りしています。

スポンサーリンク
ボチっと押して応援してもらえると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする