ちょっぴり悪女?今田美桜主演『悪女・わる』3話の感想・考察ネタバレ




ドラマ悪女(わる)

最初から気になっていたのだけど、麻里鈴の通勤服がラフ過ぎて、よく誰にも注意されないなと不思議で仕方がない。

今回なんて、スッポンの絵が描いたTシャツだよ!その写真をアイキャッチ画像にしようかと迷ったくらいです。

でも内容は、スッポンスープのマーケティングだったのでマッチはしているんだけど、他の社員はスーツにオフィスカジュアル。

目立ちすぎるけど、そのTシャツが可愛くて欲しくなりました。

T・Oさんを見つけた麻里鈴!麻里鈴の異動先はおマケ!

次の麻里鈴の異動先は、マーケティング部。その報告に朝から峰岸の所へ行ったのかと思いきや、O・Tさんではなく、T・Oさんだったことの報告。

峰岸は知りあいなのに知らないと言いました。今は海外赴任で…どおりで会えないと思いましたと興奮して話している麻里鈴。

会社で男性の話は止めなさい。馬鹿だと思われるって言ったでしょと注意され、会社の組織図を渡され、自分なりの組織図を作るように言われた。

出世百か条ですね。でも、T・Oさんの正体がわかったので出世しなくてもいい説があると麻里鈴。

峰岸は、今のあなたが彼に会ってどうなるの?彼女がいるかもしれないし嫌われるかもと、ちょっと意地悪なことを言われ自信を無くし、素直な麻里鈴は出世の必要がやはりあると思った。

峰岸からマーケティング部への異動の件を伝えられた。T・Oさんのことで頭いっぱいで、異動掲示を見ていなかったよう。

組織図を見て、T・Oさんに近づいていると喜ぶ単純な麻里鈴が可愛いけど、おマケと呼ばれている部署だった。

仕事を教えてくれる梨田(石橋静河さん)は、仕事への情熱もうせて老後の為と割り切って働いている女性。

さすが数字ばかり見ている仕事。同僚たちがネイルや結婚式の話をしていると、これだけ節約できるのにと頭の中であっという間に計算。

麻里鈴がいつもの挨拶をすると、梨田は、やる気のある後輩にペースを乱されたくないと内心思っていた。麻里鈴のポジティブな言葉が苦手なよう。

どうしてこんなに、やる気のないマイナス思考な女性になったんだろう梨田さん?理由がありそうよね。

麻里鈴が出世と何度か言うものだから、無口な梨田さんが、ここは出世とは無縁な偏狭部署と説明し、おマケって呼ばれているのは、マーケティング部のおマケだからだと。

馬鹿にされてるだけと言う梨田と、なんだか可愛い名前と笑顔で言う麻里鈴。

梨田は、ここの仕事好きじゃないんですかと聞かれ、一瞬戸惑ったように見えた。仕事なんだから好きも嫌いもないと答えた。

仕事の内容を梨田から説明され、やっぱりここの仕事はOHMIのトップだと麻里鈴に言われ、嬉しそうな梨田が印象的でした。

仕事の仕方に納得がいかない麻里鈴!尋常じゃない梨田の節約!

売上データの数字を見て笑っていた梨田に声をかけた麻里鈴。

笑ってないという梨田だが、表を見てもちんぷんかんぷんの麻里鈴に、細かく説明してたけど、麻里鈴と同じでよくわかるなと感心しました。

そこに、小野がやって来た。追い出されたんだろうとか、男は見つかったのかとか相変わらず失礼な人物。

さすが麻里鈴、あまり気にしてないようで、T・Oさんのことを話そうとしたけど、峰岸の注意を思い出し「小野さん。職場で男の話をするなんて馬鹿だと思われます。」と峰岸の受け売り。

しまいには、田中に興味あるんですかと言うと、おかっぱと小野が言い、小学生みたいな悪口ですね大人げない。俺はお前のレベルに合わせて…と無駄だと思ったのか梨田が案件のことを小野に聞いてきた。

麻里鈴はさっき教わったように、リサーチしたものを入れていると得意げに小野に説明すると、梨田が止め、こういうことはよくある。

小野も、貸し借りが生まれるんだと言ったけど、横入り見たいでズルくないですかと言う麻里鈴を黙らせる梨田。

揉めると定時に帰れなくなるからと梨田に言われ、納得がいっていない麻里鈴。

また仲良く、峰岸と二人でランチ。元気のない無口な麻里鈴が珍しい。すると峰岸が、これあげるはいいけど、また苦手なきんぴらごぼう。こういう時って慰めないですか。

きんぴらごぼうを見ながら、これは借りですか貸しですかと言った後の峰岸の表情がたまらん。覚えたんだそういうことと言っていた。

麻里鈴がきんぴらごぼうをもらうと、ミートボールちょうだいと言って来て、きんぴら嫌いじゃないですかと言うと、借りを貸しにするのはビジネスの常とう手段と言って来た。

出た~出世百か条と言ってメモっていた麻里鈴。マーケティング部のことを話しているときに、三つもミートボール持って行ったよ峰岸。

酷すぎる。だから、お肉ときんぴらじゃフェアーじゃないから。しかも今回三つだよ。

麻里鈴、自分から歓迎会の話をしだしたよ(笑)。よっぽど飲みたいらしい。

しかも梨田断った。理由は近所のタイムセール…。最後に、私外食はしないようにしてるの無駄なお金は使わないって本心言っちゃったし。

麻里鈴が借金でも…と聞くと、まさかと言った後、でも生きてるだけで借金しているようなものかと言い出した。

何かあったんじゃないのと心配になるわ。

備品管理部に専務が来た。峰岸と話すためで、麻里鈴のことを話していて、専務に麻里鈴の今回の異動を頼んだらしい。

小野は恩田(高橋健介さん)と飲んでいて、麻里鈴のことを話すとあのかわいい子と言われ、え?と不服そう。店員に、小野さん麻里鈴のこと好きになっちゃったとからかわれていた。

恩田がおマケが無くなるという話があると言い出した。

おマケが麻里鈴のミスで無くなる?また田村に会いに行った麻里鈴!峰岸と田村の関係!

数日後、小野が怒って梨田たちの所にやって来た。麻里鈴のミスで梨田が怒られてしまう。

麻里鈴がおマケが無くなると聞いてトイレで落ち込んでいると、女性たちが田村さん(向井理さん)が帰ってきていると話していて、麻里鈴は海外事業部に向かった。

T・Oさんを一瞬見れた麻里鈴。でも嬉しそうじゃなくて自分のせいでおマケが無くなると考えているみたいで泣き出しちゃった…。

力なくスッポンの箱を持って帰宅しようとすると、峰岸と鉢合わせする。何かあったと峰岸が麻里鈴の様子を見て聞く。

弱音を吐く麻里鈴の持っているスッポンを見て、ちょうだいと峰岸が言うと急に惜しくなった、絶対譲れませんといつもの元気が戻っていた。

結果、麻里鈴の部屋で峰岸と一緒にスッポン鍋を食べることに。寂しいアパートねって峰岸(笑)。

峰岸が麻里鈴が書いた組織図を見つけて、会社は人よと言ったときの麻里鈴の表情が印象的でした。

麻里鈴は最初スッポンを食べるのに抵抗があったけど、美味しいと言って笑顔になり二人で完食。

こんなにおいしいのになぜ売れないんでしょうと言うと、峰岸は以前の、正当な評価を受けられない理由言わなかったと言った。

スッポンのミスはスッポンで返すと、何か考えがあるようでいつもの元気が戻ってよかった。

休日に梨田を誘い、スッポン料理を食べに行き梨田も美味しいと食べていたけど、うちのチームは声を出しちゃいけない弱小チームだと。

麻里鈴の財布は空っぽになり、可哀そうな麻里鈴。

山瀬君たちに、アンケートを取って試飲会をすることにした。

小野がスープの入った紙カップをこぼしてしまい、それを見ていた梨田が片づけを手伝い、やるなら徹底的にやろうと言い出した。

小野が峰岸の所に来て、何を考えてるんですかと言うと、峰岸はもう少し面白い社員になってるかと思ったと言ったのが印象的。

麻里鈴と梨田は、二人で何か作っていて梨田は嬉しそう。翌日、会社で大きな会議がありホールの温度を下げてもらう麻里鈴。

会議後出てきた社員たちは、寒がっていてスッポンの試飲に関心を持つ。可愛らしい悪になって来た?麻里鈴。

アンケートをもとに、徹夜で麻里鈴の部屋で作業し終わると、梨田が鼻血を出し麻里鈴の個性的な洋服を貸し、恥ずかしくて会社行けないと言っていたけど、同僚に服装を褒められた。

データを小野に渡そうとすると、相手にしてくれない小野に梨田は資料のことやリサーチのことを話しだし小野は受け取った。

梨田が冒険スープと言うと、小野もいいなと言った。冒険スープの名前は自分の手柄にしてたけど、おマケが無ければ今回のスープは売れなかったと上司に言っていた。

麻里鈴はまた、田村さんの部署に会いに行ったけど、一時帰国で戻って来ていただけで海外に帰ったと…。

空港で峰岸と田村が会っていて、田村がやっと会えたねと言った。え?まさか恋人ではないよね。同期の親友みたいなものだと思うのだけど、やっと会えたねが気になる…。

この記事のアイキャッチ画像は、公式ホームページからお借りしています。

タイトルとURLをコピーしました