ポジティブに救われた!今田美桜主演『悪女』1話の感想ネタバレ!

スポンサーリンク

ドラマ『悪女(わる)』は、今田美桜ちゃんが出演するので観てみようか迷っていて、マツコ会議で江口のりこさんが番宣をしていて、観ようと決めたドラマです。

今田美桜ちゃんの髪型、外跳ねがあまり好きでない自分はしないけど髪型だけで気になる。

一言、観て正解だったドラマ。感想をネタバレを含めてお伝えしていきますね。

スポンサーリンク

ポジティブ過ぎる麻里鈴とテンション低すぎる峰岸!

30年前にドラマになっているらしいけど、私は観ていないし、原作も読んでいないので新鮮に観られました。

その30年前に主演を務めた、石田ひかりさんやお笑いの近藤春奈さんが序盤から登場したのは、驚きました。

まず今田美桜ちゃんの役名、麻里鈴という名前が可愛くて一度聞いたら忘れないなぁ、当て字でもないし気に入りました。

姥捨て山みたいな部署に配部されたのに、全く落ち込んでいない麻里鈴。それどころか、仕事がしたくてしたくて張り切りぶりが可愛くて面白い。

急いで印鑑を渡さなければならないので、いきなり先輩のデスクに上って名前を呼ぶのは、注意されていたけど私もさすがにそれはまずいでしょと思いました。

江口のり子さん演じる峰岸さんに無視されても、名前を呼び続け仕事を欲しがる様子が凄い子だなと。江口さんの冷たく無視する演技が上手だから余計にそう思いました。

峰岸さんも仕事帰りのバーで、一人思い出し笑いをしていたから麻里鈴を気に入ってるのがすぐ分かった。

あんな可愛くて、ポジティブで人懐っこい子が側にいたら私もすぐ好きになるなと思いました。

今の時代を反映した、2020年入社のコロナ入社組、志田未来さん演じる・大井美加はマリリンと正反対の性格。

リモートワークが長かったから質問も出来なかったっていうのは、言い訳だと思った。だって、先輩社員が質問あるってパソコンの向こうで聞いていたのに、何も聞かなかったのは大井だから。

まりりんがT・Oさんのことを話すときの前のやり取り、テンション高くて話したいまりりんと、いつもぶっきらぼうな顔の峰岸が、その話長いって迷惑そうに言った日には普通話せない。(笑)

まりりんは平気で話しだし、ある日どん底だったことがきっかけでスカイダイビングに挑戦した時に、出会った男性に恋をしてその男性が偶然同じ会社だって。

名前くらい聞いておけばよかったのに~。仕事後も会社の前でT・Oさんを待ち伏せするくらいなんだから。

昼間に一度だけ会った大井さんを見つけると、大声で呼び止め一緒に飲みに行く二人。

そこで、強面の男性二人に声をかけられ飲み比べをして勝ってしまうほど麻里鈴がお酒が強いのはわかりました。

翌日、麻里鈴と社内で会った清掃員がカッコ良すぎると思ったら高橋文哉さんでした。ドラマ『うきわ』や『最愛』に出演していた高橋文哉さんだ~と思いビックリしました。

その直後に、大井が麻里鈴に水をかけたのにはさすがに酷すぎる。まぁ実際にはありえないだろうけど。

契約が流れそうになり落ち込んでいる大井に、峰岸が麻里鈴が全然落ち込んでいなかったよと話しかけたけど、いや、いくらなんでも落ち込んでないふりして落ち込んでるよ。

そう思っていたら、麻里鈴本当に落ち込んでいなかった件…。メンタル強すぎで羨ましいです。

麻里鈴と峰岸の言葉が大人しい大井の心を動かしたのか、大井は取引先の社長の元・広島まで会いに行きました。麻里鈴も一緒だった。何故と笑いそうになりました。

でも麻里鈴の体を張った行動のおかげで、社長の気持ちもまた変わり契約にこぎつけることができて、大井の性格も明るくなりました。

仕事後、峰岸と麻里鈴が飲みに行くと、一ヶ月前どん底だったと言い出した麻里鈴。

こんなポジティブな子にもいろいろあったんだな~と興味津々で話しを聞いていると、その内容が、研修中に質問ばかりしていたらクビになりかけ、カップ麺を食べようとしたらつまづいてしまう。

そして、家に帰ったら空き巣被害にあっていたと。それくらいのこと…正直思いました。

麻里鈴の今までの様子見ていたら、それくらいで落ち込まないでしょと突っ込みたくなった。

そこで麻里鈴は、こうなったら思い込んで飛び降りて見ようと思ったらしい。それで、スカイダイビングをしようとしたけど、実際ヘリコプターで高いところに行ったら怯えてやめようとした。

でもそのときのインストラクターの男性の、見たことない景色見たくないという言葉に、なんとか飛び降りることができました。

そのときに、涙をぬぐってくれた男性のハンカチにT・Oのイニシャルがあり、これは趣味で本業はおうみ(同じ会社)の社員だと言われた話をすると、峰岸が出世したくない?と言い出したのが不思議でした。

昔、最年少で女性役員になると言われていた人物だったのになぜ姥捨て山にいるのかも。

悪にならないとダメなのよと言われ、田中結構悪なんで大丈夫ですと即座に言ったけど、悪い要素全く見えない麻里鈴。

ポジティブ麻里鈴を見て明るい気持ちになったけど、これをこの先ずっと見ているのもと思っていたので、悪女の麻里鈴が次回から見られるのですね。

峰岸が麻里鈴と別れた後に、会社の役員らしき人物に直接電話していて、相手も電話を待っていたようなので、ますますどうして峰岸が姥捨て山に行ったのかが気になりました。

それも今後分かってくるのでしょうね。

スポンサーリンク
ボチっと押して応援してもらえると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする