綾瀬はるか・月9初主演!ドラマ『元彼の遺言状』1話の感想ネタバレ!

スポンサーリンク

大泉洋さんが出演するので、観ようと思ったドラマです。

ドラマの終了後のツイッターに、大泉さんシェフがトレンド入りしていて一瞬わかりませんでした。

水曜どうでしょうの人気は健在ですね。私も大好きな番組だったので意味が分かりました。

スポンサーリンク

自分を殺した犯人に財産を譲ると遺書が!

生田斗真さん演じる森川栄治が病死し、病死のはずなのに自分を殺した犯人に財産を譲りたいという不思議なお話。

元カノや愛犬の獣医にまで遺産を残すってありえない話だと思いながら面白かったです。

その元カノが、10人以上いたのには驚いたけど(笑)

その中の一人、笛木優子さん演じる森川雪乃は、栄治が病気になるといとこで現在の夫・拓未(要潤)に乗りかえたっていう酷い人だなと思っていたら、本人平気で認めていた。

栄治に片思いしていた森川紗英を演じる、関水渚がただ騒がしかった件。汗

気の強い弁護士・剣持麗子(綾瀬はるか)が栄治の元カノだったのに、栄治が亡くなったと聞いても全く悲しんでいないのがまた不思議。

大泉洋さん演じる篠田が、麗子に相談に来て篠田が殺したことにして遺産をもらう手伝いをすることになった。

篠田は栄治に声をかけてもらい、軽井沢の別荘でシェフをしていました。

麗子が軽井沢の別荘に話し合いに行くと、入り口で獣医・堂上(野間口徹)の息子に「金の亡者め。」と真冬なのに水鉄砲をかけられたシーンが好きです。

栄治の父親の社長・金治(佐戸井けん太)と、専務の叔母・真梨子(萬田久子)が認めないと殺人犯にはなれない。

栄治には栄治とそっくりな兄・富治がいて、麗子が見間違えるほどでした。富治は全財産を放棄している世捨て人みたいな印象。

浮世離れしていて、栄治が産まれたのは、富治の命を救うためだった。

また人が死んだ!栄治は救世主ベビーだった!

森川製薬の顧問弁護士が別荘に来ると、麗子が退社したばかりの元会社の上司だった。

遺言書を見せようと部屋に入ると、荒らされていて遺言書がない。元上司の津々井弁護士(浅野和之)がうちの事務所に戻ってくればと言ったのには麗子が心動いていたのがすぐ分かった。

栄治の弁護士、笹野高史さん演じる村山がタバコを吸った直後に死んでしまい、タバコから毒物が検出され、また死亡者が。

篠田がショックを受けているのにもかかわらず、「私の150億を奪おうとするなんて許せない。」とどういう神経してるんだかと思った件。

その直後から、麗子は個別に関係者たちを呼んで誰々があなただと言っていましたよと、はったりを言って何か情報を掴もうとしていました。

富治は麗子に、何故遺産放棄したか理解できないと単刀直入に聞かれると、ポトラッチの話をしだしたのが印象的でした。

栄治は相手を苦しめたかった…と麗子が言うと、与えることは奪うことと富治が言った。

麗子と篠田は、堂上から救世主ベビーの話を聞き、富治が生まれつき重い血液の病気を持っていたこと、富治はそのことを気にしているのかなと想像しました。

その前にポトラッチの話をした富治の苦しみが消えなかったと、篠田は本人にそう言って復讐で殺したとまで言ったのには今までの頼りない篠田がどうしちゃったのと思いました。

その後別荘に戻る途中に、篠田と麗子は車にはねられそうになり危険な目に遭っていた。

麗子は、栄治の親族に「なんであなたを栄治は選んだんだろう。」と言われ「優しいって言ってましたよ。」と普通に言ったとき愕然としていた親族たち。

その後、麗子自身も私のどこが優しいの?と考えていたが、借りを作るのが大嫌いという麗子の性格や行動が本当の優しさだと思ったのかなと考えました。

他の元カノには、ハワイや北海道のコンドミニアム、別荘だったのに、麗子には古い建物の弁護士事務所だったのにも意味があるんだろうなと思いました。

篠田も最後の方に怪しさを醸し出していたし、気になります。

弁護士事務所を早く売って、元の弁護士事務所に戻ろうと考えていた麗子だったけど、栄治が残した暗号を解読すると、なぜか事務所を売るのを止め犯人探しをすることにした。

なぜかはいまいち理由はわからなかったけど。150億の為だけではない気がする。

自分に犯人探しを託されたと感じたのかな。

この記事のアイキャッチ画像は、公式ホームページからお借りしています。

スポンサーリンク
ボチっと押して応援してもらえると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする